Doc.2 エミュレータのインストール

エミュレータ

2014年10月現在、エミュレータは完成の域まで高まっており、
パソコン環境に関しても速度的に申し分ありません。

ただ、最新のエミュレータはデバッグログ処理が不安定な為、
昔のVisualBoyAdvance-1.8.0-beta3を使っていきたいと思います。

BIOS

入手できるならあった方がいいものです。

ちょっと難しい話をしますとLZ77圧縮された画像をBIOSを使って解凍した場合、
BIOSがあるときはBIOS内のコードをエミュレート(実行)して解凍します。
ない場合はPC側に移譲され、PCの速度で解凍するので一瞬で終わります。

自作ゲームのオープニングシーンなどでは、音楽と画像のタイミングにズレが
発生します。その場合はあった方がいいと思います。

エミュレータの設定(VisualBoyAdvance-1.8.0-beta3)

  • ウィンドウのフォーカスが外れた時の動作
    Options -> Emulator -> Pause when inactive チェックを外す
  • 画面の大きさを変更
    Options -> Video -> 4x window size
  • 拡大時の画面の描画方法を変更
    Options -> Video -> Render API -> Direct3D 9のFilter : Nearest
  • ショートカットの追加
    Tools - > Customize
    ToolsLoggingをshift + 1に割り当てる(デバッグログの追加は地味に役立ちます)
  • 知っておくと便利なショートカット
    • ctrl + x エミュレータを閉じる
    • ctrl + r リセット
    • space フレームスキップ(デバッグ時、最高に役に立ちます)

履歴

  • 2015/10/07
  • 2014/10/28
  • 2007/09/04

Last-modified: 2015-10-07 (水) 20:44:26 (2206d)